ZOKU ZOKU

 

The typical pattern ZOKU ZOKU was born while continuing drawing.  It can be said that this ZOKU ZOKU has all the basis of my drawing method.  Depending on the time, the repertoire of lines and shapes will change a little, but there are about 30 types of strokes that are commonly used so far.  It's always in flux, so I think the repertoire will continue to increase and change.  I basically do not decide what kind of line or shape to draw before drawing.  Since it depends on the drawing tool, color, shape, size, and material, the first stroke is decided in the desired direction.  After that, all you have to do is select the rhythm and balance that feels good and reflexive at each moment.  I draw by looking at the margins rather than the drawn lines.  Rather, it feels like drawing a margin.  It's like I'm trying to see what I want to see without drawing, just as if I'm drawing something inside, around something, or in the background.  Every moment, I keep drawing lines to keep balance in mind.

 

ZOKU ZOKU

 

代表的なパターンのZOKU ZOKUは、ドローイングを続けていくうちに生まれました。このZOKU ZOKUに私の絵の描き方のベースが全てあると言えます。時期によって、線や形のレパートリーは少し変化しますが、だいたいよく登場するストロークの種類は今のところ30パターンくらいあります。それも常に流動的なので、これからもレパートリーが増えたり、変化すると思います。私は基本的に描く前にどんな線や形を描くか決めていません。描くツールや色、形、サイズ、マテリアルによって変わるので、それが決まってから1番はじめのストロークが動きたい方向に任せるという感じです。その後は反射的に瞬間ごとに気持ちの良いリズムとバランスを選んで描くだけです。描いた線よりも余白を見て描いてます。むしろ余白を描いているという感じです。何かの中や、何かの周りや、何かの背景を描いている感覚で、1番見たいものだけを描かずに見ようとしているという感覚です。毎瞬、バランスを意識して線を描き続けています。

 



© 2020 DAICHI